節約するための簡単な工夫と意識の仕方

あまりに「節約、節約」と思うと辛くなってしまうので、楽しんで節約を意識することがとっても大事です。楽しんで行わないとストレスがたまって、後で暴飲暴食や余計なものを購入してしまって後悔することが増えます。

まずは、節約をする上で食費の見直しを図ります。食費そのものをけちってしまうと病気になるなどあとからマイナスになります。栄養を維持した上で節約に励むのです。

例えばスーパーマーケットで夜19時以降は惣菜が安くなります。21時近くには半額になります。

オススメのスーパーマーケットは、オーケーストアです。冷凍食品、加工品が最安値で売られています。納豆が3パックで60円未満で買えます。納豆ならば栄養があってさらにリーズナブルでお得です。

もしくはネットショッピングを利用することも手です。賞味期限切れ近くの商品が半額近くで販売しているケースがあります。アマゾンなど、送料無料で扱っている商品もあるのでこまめにチェックすると良いでしょう。

あとは、職場では水筒を用意して水を持ってきます。缶コーヒーなど日々購入したら、月に換算すると一万近くになる可能性があります。自分でコーヒーをつくって水筒に入れて持っていくと良いでしょう。