私の生活における節約の仕方について

私は生活費を月に8万円と決めています。私の生活費の節約の仕方を紹介していきたいと思っています。

私の食費は月に2万円と決めています。私は外食をなるべく控えて自炊をしています。スーパーで食料品を買い物をする場合1週間まとめ買いをしています。
安売りの時に買いだめをしておき5000円以内で買い物をして、肉や野菜などは冷凍保存をしておくと1週間は保存できます。
米は玄米食なのですが、栄養あるバランスのいい食事が5000円で1週間食べられます。

光熱費は電気代は4000円、水道代は3000円、ガス代は3000円に抑えて生活をしています。電気代は普通にエアコンを使っていますが、5000円以上になったことがありません。
風呂は2日に1回入ることによって水道代、ガス代を安くすることができます。洗濯も3日に1回まとめて洗っています。

家賃はマンションに住んでいるのですが、月に2万5千円です。駐車場代を合わせても3万円になります。

その他携帯電の料金とインターネットの料金で支払っている額は、7千円です。

その他のお金は理髪店などに月に2回行くのですが1500円の理髪店なので3000円です

贅沢をしなければ月に無理せず節約ができて月に8万円で生活することができます。私はそれを実践しています。

デパートで縮小と蓄財

お家の父兄がやっていた減少と預金方があります。
それはわざわざ狙っていく、夕暮れからのセール!セールと言えば「○yes百分率OFF!」や「○yes円OFF」ですよね。
その何百分率とか、何円ってその日にとっては少しの節約した気分になるのですが、うちの父兄は考えました!
その何円減少出来た額面を貯え器に入れていくのです。売り出しの一品ばかりだと何百円に達するそうで、年間何万円か貯まったそうです。
教えてもらったものの、アパートにはそういった残余も薄いのと我々が方式が苦手なので出来ませんが、始めるバリューはあります。

あとは、よくありがちな禁煙貯えもしていたそうです。両者ともタバコパーソンだったのですが、ある時禁煙しようとなったみたいです。
それは、煙草を買ってるタイミングに煙草の元手を貯え器に入れて言うそうです。
健康にも預金にも繋がっていいですよね。

一方、我々自慢は直ぐ使って仕舞う本質。今は仕事も辞めて稼業奥様。ですがこのままではいけないと見なし、ふとした減少をしています。
それはお家にいないステージ(仕事をして外出時)と同じようにお家の状態にすることです。
特に外出しているときは、電気は消しますよね!なので電気はきっと置きません。クリーナーは臨機応変ですが基本はほうきで掃き掃除。車も汽車もできるだけ日中は使わないで、出るときはまとめた目的で外出するように心がけていらっしゃる。

楽しみも持ちつつ節約生活をしています

節約については、「つけるだけダイエット」というのと同じ感覚で、学生時代からアプリを使用しながら10年以上家計簿をつけています。

こうすることによって、毎月の増減、自分の支出が多い項目が把握できるので、お財布を出す際に、なんとなく自制心が働き、節約できているものと信じています。

近年結婚をして家計を握るようになってからは、支出先と目標予算を仔細に設定するようにし、夫婦で月末に共有することで見える化して節約に取り組んでいます。

また、社会人になってからはクレジットカード及びポイントサイトを多く利用するようになりました。

同じ金額の買い物をするなら、後で(ポイントという形で)返金があるよう、できるだけクレジットカードを使います。

現在はライフカードを使用しており、年間4万円程度の商品券に還元しているので、それなりに節約の成果はできているのかと感じています。

また、夫婦で使用するカードを一歩化することによって、ポイントも貯まりやすくなる工夫を行っています。

ただ、節約節約といって窮屈な暮らしになってしまっては元も子もないので、年に数回旅行に出かけたり、普段から週に一回以上は外食をしたりと、生活も楽しんでいます。