人間の心理を利用して、節約上手になろう

私は日々節約を頑張っています。小さなことからお得になることまで、色々試しています。今でも持続ですが、一時、電子マネーを極力利用して買い物し、ポイントを貯めることに楽しみを感じていた時期がありました。電子マネーによっては、ポイントアップ商品や日によってポイントが倍になるなどお得なことがたくさんあるので、それを利用して使い分けをしたりしています。

最近はそれとは別に、人間の心理を考えて、目には見えにくい節約方法も自分なりに取り入れてます。それは、「買い物の回数を減らす」ことです。簡単のようで意外と出来てない場合が多いです。料理の食材や日用品をよく買う主婦にとっては日々のお買い物はかかせません。例えば、毎日のようになにかしら買い物をしてる人が、2日に1回買い物をするだけで節約になると思います。といっても、買いだめをし過ぎてはいけません。買いだめをせずに必要なぶんだけ買う!というのを決めて行くといいです。ちょこちょこ買い物に行く習慣をつけてしまうと、必要でないものまで買ってしまうリスクがあります。欲しいものだけを買って帰るのを出来る人は少ないと思います。買い物に行く回数に比例して、何かしら余分なものを買ってしまいがちです。その心理を利用して私は、ちょこちょこ行かないことを心掛けて、節約するようにしています。

HOMEベーカリーで減額現役食べ物

ヨーロッパ在住の30代女だ。アパートではとっくから、店頭のパンは買ったことがありません。自宅で最前ベーカリーを四六時中使用し、自家製パンを食べているからだ。

最初に最前ベーカリーを導入することになった時は、大いに不安でした。扱うのが難しそうだし、本当に食べてうまいものができるのかどうか、問いに感じていました。最前ベーカリーの額自体も安くはないので、小さな博打をした意思でいました。

ですが一度食べると、最前ベーカリーは手放せなくなります。新規で添加物トータル無しのテーストは、ほんとに滋味濃いのです。そうして慣れて赴き、四六時中見つけるようになれば、1層ほどで最前ベーカリー機体に払った元本は元が取れるほど。所詮マテリアル費が非常に安くつくので、購入するより一回一回のパン値段がまったく安上がりになるのです。そして、粉の代わりによってはまた異なるフレーバーやテースト、一段と腹抱えの違いが楽しめます。

実は我々は先日、オーブンを利用して秘訣ごねでパンを作ってもいました。ですがこういう最前ベーカリーのユーザビリティを体感してからは、一度も秘訣ごねに戻ったことがありません。なんだか、削減体毎日の欲しい伴侶だ。