節約の師匠

気になる借入れ限度額の実態
http://www.shortwavedahlia.org/

我が家は、20年位前、ちょうどバブルがはじけた頃に、夫が脱サラして小さい商売を始めました。割合裕福な家庭で育った私は、始めの頃はまだ若かったこともあり、さほど儲からなくても何だか貧乏ごっこをしているような呑気な気分でおりました。ところが、二人の子供が受験するようになったころから、本当に余裕が無くなってきたのです。

その時に、たまたま学生時代の友達の家に遊びに行って、目からウロコが落ちました。彼女もまた、元々は裕福なお嬢様だったのですが、その生活は本当に質素で驚きました。御主人は公務員で、そこまでする必要はなかったものの、ものすごい節約をしていたのです。

まず、食べる量が少なく、ご家族全員スリムでした。四人家族の食費は3万円で抑える。うちは、同じ4人家族でその3倍くらい使っていたのです。

安いものを組み合わせて工夫して料理する。目玉商品を買う。暖房もほとんど入れない。テレビもあまり見ない。お洋服は、お下がりを活用する。車も軽。それでいて、年に一度はご家族で海外旅行に出かけていました。うまくお得に行ってました。そして、立派な家まで建て、子供さんを留学までさせたのです。

それから、私も反省し、友達を師匠と呼んで見習うようになりました。かなり忍耐が入りますが、日々精進と思って節約を意識しています。