お金は遣わなければ減らないという事実をしっかりと覚えておくことが大切です。

スーパーのチラシなどを見て、安くなっているから買いに行こうと思ったり、たまたま通り掛かった店でタイムセールをやっていたから買ってみたりと、安い物に目が無い人は大勢います。もちろん私もその1人であることには間違いないのですが、安く買えたことを他人に自慢したり、喜ぶ前に、その物が本当に必要であったのかをもう一度考えてみることが、1番重要だと考えています。

安く買うよりも、そもそも買わなければ、ゼロ円で済むのです。定価だったら絶対に買わないような物でも、単に値引きされているからという理由のみで、買ってしまうのは得をしているようで損を実際はしています。もし、本当に必要な物でしたら、定価だったとしても買っています。安くなっていなければ買わないということは単にその価格に踊らされているに過ぎません。

そして、安価になっているからとの理由のみで、次から次へと品を買っていては、とてもではありませんが貯金は出来ませんし、ひと月の出費が馬鹿にならないのではと思います。何かを購入する際には、本当に必要な物であるかをしっかりと吟味した上にしましょう。買わなければゼロ円で済んでしまうのです。たいして好きでも無い物が溢れた部屋を作らないようにしましょう。