家計簿をつけると見通しがつきます。

袋分けや、ノートを買ってきて家計簿をつけたり、パソコンで家計簿をつけてみたり、アプリを使ってみたりしましたが、なかなか続きませんでした。

私は特に面倒くさがりで、日記なども長続きしないので家計簿も継続するのが難しかったです。

面倒くさがりな私でも続けられる方法を考えました。まずは項目をなるべく少なくすることです。

固定費と流動費に分けてやりますが、住居費は金額が高いので上の方に。

光熱費はガス、水道、電気と分けずにまとめてしまいます。

通信費も固定電話やインターネット、スマートホンや携帯料金をすべてまとめてしまいます。

食費や日用品も生活費としてひとまとめにしてしまいました。家計簿で大切なのはざっとでいいので、現状を把握することです。

つけなければ現状がわかりません。現状が分かれば、どんなことに多く使っているかが分かるので節約しやすくなります。

最初は取りあえず続けることが大切だと思います。だんだん慣れてきたら項目を増やして細かく把握していくこともできると思います。

お金を使った都度家計簿に記入するのは大変だと思うので、1ヶ月分のレシートを取っておいて、まとめる方法も良いと思います。

まずはやってみることが大切だと思います。