デパートで縮小と蓄財

お家の父兄がやっていた減少と預金方があります。
それはわざわざ狙っていく、夕暮れからのセール!セールと言えば「○yes百分率OFF!」や「○yes円OFF」ですよね。
その何百分率とか、何円ってその日にとっては少しの節約した気分になるのですが、うちの父兄は考えました!
その何円減少出来た額面を貯え器に入れていくのです。売り出しの一品ばかりだと何百円に達するそうで、年間何万円か貯まったそうです。
教えてもらったものの、アパートにはそういった残余も薄いのと我々が方式が苦手なので出来ませんが、始めるバリューはあります。

あとは、よくありがちな禁煙貯えもしていたそうです。両者ともタバコパーソンだったのですが、ある時禁煙しようとなったみたいです。
それは、煙草を買ってるタイミングに煙草の元手を貯え器に入れて言うそうです。
健康にも預金にも繋がっていいですよね。

一方、我々自慢は直ぐ使って仕舞う本質。今は仕事も辞めて稼業奥様。ですがこのままではいけないと見なし、ふとした減少をしています。
それはお家にいないステージ(仕事をして外出時)と同じようにお家の状態にすることです。
特に外出しているときは、電気は消しますよね!なので電気はきっと置きません。クリーナーは臨機応変ですが基本はほうきで掃き掃除。車も汽車もできるだけ日中は使わないで、出るときはまとめた目的で外出するように心がけていらっしゃる。

楽しみも持ちつつ節約生活をしています

節約については、「つけるだけダイエット」というのと同じ感覚で、学生時代からアプリを使用しながら10年以上家計簿をつけています。

こうすることによって、毎月の増減、自分の支出が多い項目が把握できるので、お財布を出す際に、なんとなく自制心が働き、節約できているものと信じています。

近年結婚をして家計を握るようになってからは、支出先と目標予算を仔細に設定するようにし、夫婦で月末に共有することで見える化して節約に取り組んでいます。

また、社会人になってからはクレジットカード及びポイントサイトを多く利用するようになりました。

同じ金額の買い物をするなら、後で(ポイントという形で)返金があるよう、できるだけクレジットカードを使います。

現在はライフカードを使用しており、年間4万円程度の商品券に還元しているので、それなりに節約の成果はできているのかと感じています。

また、夫婦で使用するカードを一歩化することによって、ポイントも貯まりやすくなる工夫を行っています。

ただ、節約節約といって窮屈な暮らしになってしまっては元も子もないので、年に数回旅行に出かけたり、普段から週に一回以上は外食をしたりと、生活も楽しんでいます。

小さな節約

何もかも節約をして,ギスギスした生活はしんどいけれど、楽しみながら節約をするのはとても良いことだと思います。若い頃は、節約なんて馬鹿らしいと思っていましたが、ちょっとした節約が形になることを知ると、やらずにはいられなくなります。

ある年、初めて節約生活をしてみようと思って、ポイントを集めたり、割引を利用して買い物をしたりしたら、1年間に5万円も溜めることが出来ました。どれだけダラダラ生活いたんだろうと思います。
その時から、お財布のひもを少し閉めて、買い物をする時に、ポイントや割引の事をよく考えるようになりました。

食べ物に関していうと、今は夏なので、あちこちから夏野菜を頂きます。これを出来るだけ無駄にしないように消費閉ます。冬のキュウリは高いし美味しくないので、夏に美味しいキュウリを沢山頂いて、冬には食べないようにします。
一番おいしいのは、スライスして塩を振りかけて冷蔵庫に入れ、それをキュウリ揉みにしたり、サラダに混ぜたりして頂く方法。からし漬けもぬか漬けもいいけれど、塩を振りかけておくのが一番シンプルだと思います。シンプルな味のものは、いくら食べても飽きません。

果物を沢山頂いた時は、酵素シロップを作って、夏の水分ミネラル補給に頂いています。

ティッシュとトイレットペーパーを安く買う

我が家では、ティッシュとトイレットペーパーは、月に一度、ドラッグストアでまとめ買いします。

そこは全国チェーンの店で、会員になると毎月、割引クーポンのついたハガキが送られてくるのです。
これにより、医薬品は15パーセント引き、日用品は10パーセント引き、食品は5パーセント引きで買えます。これを最大限利用しているのです。

もちろん、いつも利用するスーパーで特売があると、ティッシュやトイレットペーパーが、上記の店より安いこともあります。

そのときは、その安い品物の品質ということを考えます。

実際に、そうして安いティッシュや安いトイレットペーパーを買って、失敗したことがあるのです。

安かったティッシュは、最初の10枚くらい、ティッシュがひっかかって、破れて、使い物になりませんでした。
いくら安くても、物を無駄にしたくはありません。そのティッシュは2度と買わないことにしました。

トイレットペーパーも、安い品物はゴワゴワしてお尻が痛かったり、やたらとケバが出て、トイレの床全体にケバがほこりとなって堆積した、という経験があります。
ですから、今ではよほどのことがない限り、浮気しないで、いつものトイレットペーパーを買うことにしています。

まとめると、いくら安い物でも、納得できない品物は、結局は無駄遣いになってしまう、ということです。

賢い攻めの貯蓄とは。

私は貯蓄のすべてを銀行に任せていましたが、最近あまりそのメリットを感じることができず、別の方法に切り替えています。
もちろん日々の生活の中で節約をして資産を貯めていくことは簡単なことかもしれませんが、金額は知れていますし、どうしても守りの姿勢が強く、資産が増えるというイメージよりも減らさないというイメージが強いです。

確かに確実ですが、何歳まで貯めなければならないのか不安が残ります。そこで攻めの貯蓄として株式投資をあげることができます。
もちろん株ですので、リスクはつきものですが、銀行で預金をして利子をもらっても本当に微々たるものです。それよりも同じ銀行株を買い、その配当をもらう方がよほど貯蓄としては成功するはずです。

それに銀行株はリーマンショック並みの大きな金融危機がない限り、そんなに大きく変動しません。チャートをある程度分析して、安値になったところを狙って貯蓄の半分くらいを投資するのです。
もちろんそれが120万円以内ならニーサがいいでしょう。ニーサであれば税金はかからず、配当がそのまま収入として入ってきます。
また安値で買っていればいつまで持ち続けてもマイナスになる可能性は低くなりますし、それだけ配当はもらい続けられます。チャートで銀行株の波をとらえ、ニーサで配当を待つ。これが賢い攻めの貯蓄といえます。

人間の心理を利用して、節約上手になろう

私は日々節約を頑張っています。小さなことからお得になることまで、色々試しています。今でも持続ですが、一時、電子マネーを極力利用して買い物し、ポイントを貯めることに楽しみを感じていた時期がありました。電子マネーによっては、ポイントアップ商品や日によってポイントが倍になるなどお得なことがたくさんあるので、それを利用して使い分けをしたりしています。

最近はそれとは別に、人間の心理を考えて、目には見えにくい節約方法も自分なりに取り入れてます。それは、「買い物の回数を減らす」ことです。簡単のようで意外と出来てない場合が多いです。料理の食材や日用品をよく買う主婦にとっては日々のお買い物はかかせません。例えば、毎日のようになにかしら買い物をしてる人が、2日に1回買い物をするだけで節約になると思います。といっても、買いだめをし過ぎてはいけません。買いだめをせずに必要なぶんだけ買う!というのを決めて行くといいです。ちょこちょこ買い物に行く習慣をつけてしまうと、必要でないものまで買ってしまうリスクがあります。欲しいものだけを買って帰るのを出来る人は少ないと思います。買い物に行く回数に比例して、何かしら余分なものを買ってしまいがちです。その心理を利用して私は、ちょこちょこ行かないことを心掛けて、節約するようにしています。

HOMEベーカリーで減額現役食べ物

ヨーロッパ在住の30代女だ。アパートではとっくから、店頭のパンは買ったことがありません。自宅で最前ベーカリーを四六時中使用し、自家製パンを食べているからだ。

最初に最前ベーカリーを導入することになった時は、大いに不安でした。扱うのが難しそうだし、本当に食べてうまいものができるのかどうか、問いに感じていました。最前ベーカリーの額自体も安くはないので、小さな博打をした意思でいました。

ですが一度食べると、最前ベーカリーは手放せなくなります。新規で添加物トータル無しのテーストは、ほんとに滋味濃いのです。そうして慣れて赴き、四六時中見つけるようになれば、1層ほどで最前ベーカリー機体に払った元本は元が取れるほど。所詮マテリアル費が非常に安くつくので、購入するより一回一回のパン値段がまったく安上がりになるのです。そして、粉の代わりによってはまた異なるフレーバーやテースト、一段と腹抱えの違いが楽しめます。

実は我々は先日、オーブンを利用して秘訣ごねでパンを作ってもいました。ですがこういう最前ベーカリーのユーザビリティを体感してからは、一度も秘訣ごねに戻ったことがありません。なんだか、削減体毎日の欲しい伴侶だ。

意図取り消し!

「旅や食堂でのミニ壮観を楽しむ結果少しずつ貯金を望む」

クリスマスや新春など、重要なセレモニーを前に、ぼくはこんな事を考えてみました。
ですが貯金は節減をはじめとした地道な尽力の貯金。
しっかりとした目標金額を立てても、自分に甘すぎるぼくは、これまでに一度もエライ例がありません。

「500円玉蓄積」は、よく耳にする内の多い貯金方法の一つだと思います。
そこで私もこの方法を活かし、少しずつへそくりをためる努力をする件にしました。

一日500円など基準を立てても保存は諦めるので、今回はそういった面倒な事は全体止め、あんな仕組を作ってみました。
 ・配達をして、お釣りに500円玉が出たら全体蓄積箱へ。
 ・一日に注入やる500円玉のナンバーに際限は薄い。
 ・緊急事態以上、500円玉の行動は絶対に禁忌。

少々乱暴な芸風かもしれませんが、一日のノルマが弱い結果でしょうか。
この方法だと痛手を感じません。
しかも嬉しい事に、際限が無いからどっさりお金が貯まっていきます。
ノルマは無くても成果が大きいと貯金が楽しくなって来るね。

いまだに実践しはじめたばかりのぼくですが、これなら保存しそうな眼力。
通常頑張っている自分へのご褒美の結果頑張るぞ~!

節約するための簡単な工夫と意識の仕方

あまりに「節約、節約」と思うと辛くなってしまうので、楽しんで節約を意識することがとっても大事です。楽しんで行わないとストレスがたまって、後で暴飲暴食や余計なものを購入してしまって後悔することが増えます。

まずは、節約をする上で食費の見直しを図ります。食費そのものをけちってしまうと病気になるなどあとからマイナスになります。栄養を維持した上で節約に励むのです。

例えばスーパーマーケットで夜19時以降は惣菜が安くなります。21時近くには半額になります。

オススメのスーパーマーケットは、オーケーストアです。冷凍食品、加工品が最安値で売られています。納豆が3パックで60円未満で買えます。納豆ならば栄養があってさらにリーズナブルでお得です。

もしくはネットショッピングを利用することも手です。賞味期限切れ近くの商品が半額近くで販売しているケースがあります。アマゾンなど、送料無料で扱っている商品もあるのでこまめにチェックすると良いでしょう。

あとは、職場では水筒を用意して水を持ってきます。缶コーヒーなど日々購入したら、月に換算すると一万近くになる可能性があります。自分でコーヒーをつくって水筒に入れて持っていくと良いでしょう。

インターネットの情報で見直し開始

ネットで買い物をしようとした時に、クレジットカードを契約するとかなりお得になるという案内が出ました。

これ自体は今まで他でも案内されたことがあるのですが、最近節約を心がけているので、一応そのカードがどんなものか詳細を見てみることに。

クレジットカードの勧誘自体はネットでも、実店舗でも多いのですが、お得という言葉につられてカードを作っても使用しないことが予想されるので、安易に作ったことはありません。

そのカードは年会費永年無料で電子マネーもついているものでした。

ふと、今メインで使っているカードはどうなのか?と疑問が湧きました。

私が使っているカードは十年以上前に作ったので、考えてみたら年会費が無料なのかも忘れていたのです。

最近まで、クレジットの明細を細かく見ることもしなかったズボラな私は、年会費がとられていたとしても気づきません。

出費が多かった時に何の支払い分か確認するだけでした。

そして、私はそのカード会社でETCカードも使っていたので、こちらも果たして年会費がどうだったかあやふやです。

確か、こちらは一定期間中に利用がないと年会費が発生するしくみだったと思います。

その頃はETCを利用する頻度が高めだったので気にしていませんでしたが、考えてみたら最近は自分の車で高速道路を走る機会が減りました。

場合によっては年会費を支払うことになるかもしれません。

契約したのが昔なので、今の公式ホームページを見てもよくわかりませんでした。

メールで個人情報について答えられないようだったので、明日電話で契約内容を確認して、損するようならクレジットカードを含めて他のカードに移行して無駄な出費を抑えようと思います。

私のように入るお金が少ない人は、小さな見直しからコツコツ節約していかないと!ですね。