減少分け前は積み立て貯蓄で貯えに回すべきです

よくある発言かも知れませんが、小まめに注文をすることで、水泡無く節約できると思います。
仕事をしていたりすると週末にまとめて注文をしたり行なう。
それで必要以上にものを買って、腐らせたりやることもあるでしょう。
あたしがやるのは、腐らないものは安売りのときにまとめ買い、堕ちるものは、小まめにという注文法だ。
原料ごとに貰う会社を決めておくというのも良いでしょう。肉はコチラ、野菜はコチラ、魚はコチラ、という風に。
そして、あまり大切なことは結構、先までプログラムを決めておくということです。
これをしておけば、それに対して何を買えば良いか明確になります。
また、今日は何しようと苦しむこともありません。
あまり、あたしが実践している節約法は、使い勝手に渡り合えるだ。
これは、例えば、目の前にコンビニエンスストアやオートマティック転売タイミングがあっても、安易に飲料を買わず、百貨店やショップで貰うのです。
飲料を元値どおりに貰うなんて馬鹿げてると思います。
百貨店なら6割から7割の総額で売るのに勿体ないと思います。
時折、百貨店の前に残るオートマティック転売タイミングでおんなじものが安く店内で売るのに買い求めるヤツを見かけます。
気が知れません。
あたしからすれば、愚の骨頂だ。
それでも、売り払えるから、オートマティック転売タイミングが見て取れるんでしょうが、とにかく理解できません。
細い箇所かもしれませんが、節約とは、そういうものだと思います。

預金も少ない壁から

今夏に小さな短縮ができたのですが、それはトマトときゅうりとシソの葉をベランダのプランターで育てて、かなりの甲斐があったからなのです。
例年ペラペラ関連を変えながら夏になると夏季野菜を生産していましたが、今夏はウェザーが可愛らしくなかったのに何だか野菜の質が良くて、その甲斐のおかげでまったく野菜を買わなくて済んで短縮になりました。
それほどトマトはとりどり摂れたので近所のユーザーにもおすそ分けをしたところ、あちこちから仕返しにと美味しいものを頂けて、その頂き品のおかげで買い物の容積が減りました。ジュース対や器菓子など、マンションでは決して買わないものを頂くことができて甚だうれしく思いましたし、美味しく出来たトマトやキュウリを近所のユーザーも嬉しいと喜んでくれて、ふと幸せになりながら短縮ができました。
短縮は耐え難い雑貨とか著しいものだという考え方がありますが、此度行った野菜の生産がこんな風にみんなに喜んでもらえて自分の役に立ったので、徐々により野菜づくりのことを学んで、たくさんの野菜を上手く育てられるようになりたいと思っています。
そうすればいくら野菜が値上がりしても関わり切れるわけで、予め野菜は四六時中摂りたいものだけにこういう短縮仕方はいいと思いました。

貯蓄をする時に設定しておきたい目標額

貯蓄を始める時に、まず設定しておきたいのが目標金額です。

少しずつでもお金を残していけば、自然と貯まっていくと考える人もいるでしょう。

しかし、目標がないまま貯蓄を始めると、貯まったお金をすぐに使ってしまう可能性も出てきます。

それに対して、目標があれば、その金額を目指して貯蓄を続けていくことができます。

目標となる金額の決め方は人によって様々ですが、初めて貯蓄をするのであれば、100万円のようにキリの良い金額を目標額として設定しておくことがおすすめです。

目標を達成すると、桁が変わる金額を設定すると、その金額が貯まった時に、しっかりとした達成感を味わうことができます。

この達成感は、貯蓄に対する自信にも繋がるものです。

そして、桁が増えたのを見ると、次はこの桁を減らさないようにしたいという気持ちが働きやすくなり、より貯蓄に対して前向きになることができます。

目標もなく、漠然と貯蓄を始めると、なかなかこうした達成感を味わうことはできません。

同じように100万円の貯蓄を達成しても、目標を持たないまま貯めていた場合は、漠然とした通過点にしかならない可能性があります。

ですから、貯蓄をする時には、まず目標金額を決めておくことがおすすめです。

美容代を少なめにする為の、節約生活をしています。

いくら年齢は60歳がきたといっても、白髪を人に見られる事は嫌なものです。

その白髪をかくすために、美容室へと行けば好きなカラーを色染めしてもらえます。

でも美容室へと行けば、お金が掛かってしまいます。

美容代を節約するにも、自分で髪染めをしています。

女である以上パーマをかけたいと思います。

でも最近では、パーマをかけない髪型にしています。

色がついた髪をまとめるゴムで、乙女ぐくりにしているのです。

この髪型ならばパーマをかけないでも、よいからです。パーマ代の節約となります。

またゴムの位置を少し下目にすることで、白髪を目立ちにくい感じとなります。

自分でする髪染めで節約生活が出来ますが、髪染めと髪染めをする日にちを多めの間隔にしています。

これで注文した白髪染めも、減り方が少なくなりますから、注文日の間隔を延ばす事ができますからお金を節約できます。

女性である以上、自分なりの身だしなみはしたいものです。

お顔の皮膚の状態を良い感じとするにも、お化粧品を使います。

でもただスキンケアをするだけでは美しさは、難しいものがあります。

お金を出して店に向かいスキンケアをして欲しい気持ちはありますが、思う様にしていたらいくらでもお金が掛かってしまします。

自分でするスキンケアの一つとして、多くのパッティング・湯船に浸かる事で美しさを保つ節約生活をしています。

私の生活における節約の仕方について

私は生活費を月に8万円と決めています。私の生活費の節約の仕方を紹介していきたいと思っています。

私の食費は月に2万円と決めています。私は外食をなるべく控えて自炊をしています。スーパーで食料品を買い物をする場合1週間まとめ買いをしています。
安売りの時に買いだめをしておき5000円以内で買い物をして、肉や野菜などは冷凍保存をしておくと1週間は保存できます。
米は玄米食なのですが、栄養あるバランスのいい食事が5000円で1週間食べられます。

光熱費は電気代は4000円、水道代は3000円、ガス代は3000円に抑えて生活をしています。電気代は普通にエアコンを使っていますが、5000円以上になったことがありません。
風呂は2日に1回入ることによって水道代、ガス代を安くすることができます。洗濯も3日に1回まとめて洗っています。

家賃はマンションに住んでいるのですが、月に2万5千円です。駐車場代を合わせても3万円になります。

その他携帯電の料金とインターネットの料金で支払っている額は、7千円です。

その他のお金は理髪店などに月に2回行くのですが1500円の理髪店なので3000円です

贅沢をしなければ月に無理せず節約ができて月に8万円で生活することができます。私はそれを実践しています。

デパートで縮小と蓄財

お家の父兄がやっていた減少と預金方があります。
それはわざわざ狙っていく、夕暮れからのセール!セールと言えば「○yes百分率OFF!」や「○yes円OFF」ですよね。
その何百分率とか、何円ってその日にとっては少しの節約した気分になるのですが、うちの父兄は考えました!
その何円減少出来た額面を貯え器に入れていくのです。売り出しの一品ばかりだと何百円に達するそうで、年間何万円か貯まったそうです。
教えてもらったものの、アパートにはそういった残余も薄いのと我々が方式が苦手なので出来ませんが、始めるバリューはあります。

あとは、よくありがちな禁煙貯えもしていたそうです。両者ともタバコパーソンだったのですが、ある時禁煙しようとなったみたいです。
それは、煙草を買ってるタイミングに煙草の元手を貯え器に入れて言うそうです。
健康にも預金にも繋がっていいですよね。

一方、我々自慢は直ぐ使って仕舞う本質。今は仕事も辞めて稼業奥様。ですがこのままではいけないと見なし、ふとした減少をしています。
それはお家にいないステージ(仕事をして外出時)と同じようにお家の状態にすることです。
特に外出しているときは、電気は消しますよね!なので電気はきっと置きません。クリーナーは臨機応変ですが基本はほうきで掃き掃除。車も汽車もできるだけ日中は使わないで、出るときはまとめた目的で外出するように心がけていらっしゃる。

楽しみも持ちつつ節約生活をしています

節約については、「つけるだけダイエット」というのと同じ感覚で、学生時代からアプリを使用しながら10年以上家計簿をつけています。

こうすることによって、毎月の増減、自分の支出が多い項目が把握できるので、お財布を出す際に、なんとなく自制心が働き、節約できているものと信じています。

近年結婚をして家計を握るようになってからは、支出先と目標予算を仔細に設定するようにし、夫婦で月末に共有することで見える化して節約に取り組んでいます。

また、社会人になってからはクレジットカード及びポイントサイトを多く利用するようになりました。

同じ金額の買い物をするなら、後で(ポイントという形で)返金があるよう、できるだけクレジットカードを使います。

現在はライフカードを使用しており、年間4万円程度の商品券に還元しているので、それなりに節約の成果はできているのかと感じています。

また、夫婦で使用するカードを一歩化することによって、ポイントも貯まりやすくなる工夫を行っています。

ただ、節約節約といって窮屈な暮らしになってしまっては元も子もないので、年に数回旅行に出かけたり、普段から週に一回以上は外食をしたりと、生活も楽しんでいます。

小さな節約

何もかも節約をして,ギスギスした生活はしんどいけれど、楽しみながら節約をするのはとても良いことだと思います。若い頃は、節約なんて馬鹿らしいと思っていましたが、ちょっとした節約が形になることを知ると、やらずにはいられなくなります。

ある年、初めて節約生活をしてみようと思って、ポイントを集めたり、割引を利用して買い物をしたりしたら、1年間に5万円も溜めることが出来ました。どれだけダラダラ生活いたんだろうと思います。
その時から、お財布のひもを少し閉めて、買い物をする時に、ポイントや割引の事をよく考えるようになりました。

食べ物に関していうと、今は夏なので、あちこちから夏野菜を頂きます。これを出来るだけ無駄にしないように消費閉ます。冬のキュウリは高いし美味しくないので、夏に美味しいキュウリを沢山頂いて、冬には食べないようにします。
一番おいしいのは、スライスして塩を振りかけて冷蔵庫に入れ、それをキュウリ揉みにしたり、サラダに混ぜたりして頂く方法。からし漬けもぬか漬けもいいけれど、塩を振りかけておくのが一番シンプルだと思います。シンプルな味のものは、いくら食べても飽きません。

果物を沢山頂いた時は、酵素シロップを作って、夏の水分ミネラル補給に頂いています。

ティッシュとトイレットペーパーを安く買う

我が家では、ティッシュとトイレットペーパーは、月に一度、ドラッグストアでまとめ買いします。

そこは全国チェーンの店で、会員になると毎月、割引クーポンのついたハガキが送られてくるのです。
これにより、医薬品は15パーセント引き、日用品は10パーセント引き、食品は5パーセント引きで買えます。これを最大限利用しているのです。

もちろん、いつも利用するスーパーで特売があると、ティッシュやトイレットペーパーが、上記の店より安いこともあります。

そのときは、その安い品物の品質ということを考えます。

実際に、そうして安いティッシュや安いトイレットペーパーを買って、失敗したことがあるのです。

安かったティッシュは、最初の10枚くらい、ティッシュがひっかかって、破れて、使い物になりませんでした。
いくら安くても、物を無駄にしたくはありません。そのティッシュは2度と買わないことにしました。

トイレットペーパーも、安い品物はゴワゴワしてお尻が痛かったり、やたらとケバが出て、トイレの床全体にケバがほこりとなって堆積した、という経験があります。
ですから、今ではよほどのことがない限り、浮気しないで、いつものトイレットペーパーを買うことにしています。

まとめると、いくら安い物でも、納得できない品物は、結局は無駄遣いになってしまう、ということです。

賢い攻めの貯蓄とは。

私は貯蓄のすべてを銀行に任せていましたが、最近あまりそのメリットを感じることができず、別の方法に切り替えています。
もちろん日々の生活の中で節約をして資産を貯めていくことは簡単なことかもしれませんが、金額は知れていますし、どうしても守りの姿勢が強く、資産が増えるというイメージよりも減らさないというイメージが強いです。

確かに確実ですが、何歳まで貯めなければならないのか不安が残ります。そこで攻めの貯蓄として株式投資をあげることができます。
もちろん株ですので、リスクはつきものですが、銀行で預金をして利子をもらっても本当に微々たるものです。それよりも同じ銀行株を買い、その配当をもらう方がよほど貯蓄としては成功するはずです。

それに銀行株はリーマンショック並みの大きな金融危機がない限り、そんなに大きく変動しません。チャートをある程度分析して、安値になったところを狙って貯蓄の半分くらいを投資するのです。
もちろんそれが120万円以内ならニーサがいいでしょう。ニーサであれば税金はかからず、配当がそのまま収入として入ってきます。
また安値で買っていればいつまで持ち続けてもマイナスになる可能性は低くなりますし、それだけ配当はもらい続けられます。チャートで銀行株の波をとらえ、ニーサで配当を待つ。これが賢い攻めの貯蓄といえます。